‘生命保険の入り方・見直し方法’ カテゴリーのアーカイブ

損害保険情報局を立ち上げました!ご存じでしたか?0円で屋根修理

2012年2月16日 木曜日

 

こんにちは(*^_^*)

大分、ご無沙汰をしております。佐々木です☆

前回(というか、ほぼ前年。。。)介護の保険についてのコラムを書いたきりで、ふと気が付けばもう約1年が過ぎそうになっておりました。

今日10月12日は、お知らせと

とってもお得な情報のコラムです!!

お知らせ …… 本年10月より「損害保険情報局」なるものを立ち上げました☆

保険のいろはクリニックでは、今まで ”生命保険全般”に関するものをカテゴリー別けしてコラムを書いてお

りました。

この10月から新たなお仕事を拡大するに至り、これに伴って「損害保険情報局というものを立ち上げました。

また、今後は損害保険の取扱いも始める方向で進めております。

決定し、正式に損害保険の募集人登録が認められましたら(これをもって初めて募集が出来ることです) 改めてお知らせを行いますね(^◇^)

☆さて、では本題に入ります☆

● とってもお得な情報!!

タイトルにある

「ご存じでしたか?0円で屋根修理」

住宅保険(火災保険)で屋根が直せるんです!

そうなんです!数年前の災害であっても直せます。

※火災保険は風雪水害・雷・台風・ひょう・火災に適用されます。

<火災保険で屋根が本当に直せるの?>

保険業界で火災保険の売上のうち、使われている保険金額(支払いされた保険金額)はわずかに1%

つまり、一般的に「火災保険とは、火災が起きたときに利用する、火災になった時にしか使えない」

普段は使ってはいけない保険のように認識されている方がほとんどです。

ですが、火災保険の多くは自然災害でも保険金がでます …… 損害を請求できる権利(契約)があります。

参考に下記をご覧ください。

社団法人 日本損害保険協会のホームページでの宣伝です。

http://www.sonpo.or.jp/archive/publish/sonpo/0011.html

ですが… 残念ながらこのホームページをご存じない方が多いのが現実です。

また、約8割以上の方がこの保障内容を知らないそうです(^_^;) 

損害保険会社のほとんどがこちらの会員になっておりますが、

お客様(保険加入者)に対しては、積極的に広報が出来ていない状況のようです。

<<保険金の申請は自己申請>>

どうしてみなさんこの仕組みを利用しないの??

・仕組み自体を知らない

自己申請である⇒ ⇒ ⇒ ご自分で屋根に上りますか?災害箇所の写真撮影などが必要となります。

また、保険会社へ自身での詳細説明・必要書類などを用意する必要があります。

下記は、損害保険協会のホームページに載っている手引書です。

「保険金の請求から受取までの手引」

http://www.sonpo.or.jp/useful/flow/

・個人でこの説明書を読んで、どれほどの方が申請できるでしょうか?

保険の契約条項は複雑です。

・知っていても ”申請が難しい”等の理由で断念

そこで、何か私に出来る事はないだろうか?と考えておりました。

☆いろはクリニックでは、この保険申請を支援します☆

縁あって、10月より この申請代行代理店業務を開始いたしました。

と共に「損害保険情報局」を新たに立ち上げる運びとなりました。

<<まずは無料診断を!>>

自分では被災個所があるかどうかわからなくても、プロによる無料診断を受けてみて下さい。

素人では判りにくい被災個所など、高い確率で見つかります!

調査・見積もり費用は一切かかりませんのでご安心ください!!

☆修繕施工費は支払われた保険金の中で100%まかなえますので安心です☆

<<申請から工事までの流れ>>

1: 書類送付による方法

「住宅被災無料調査以来書」をご希望の方へ送付いたしますので、保険のいろはクリニック「損害保険情報局」まで請求をして下さい。

書類到着後、必要事項をご記入の上 同封の「損害保険情報局」あてにご返送(郵便)またはFAXをして下さい。

フリーダイヤル: 0120-177-168(留守の際は私の携帯に転送されます)

フリーFAXダイヤル: 0120-758-788  

2: お電話または訪問による聞き取りによる方法   

・上記フリーダイヤルまでご連絡いただければ、聞き取りによる代筆申請も行えます。

・訪問のご希望も対応可能です。

いずれの場合も、お手元に「火災保険証券」をご用意なさって下さい。 

3: 申請代行後に「被災あり」と認定されましたら、申請者さまへ直接、調査会社より「被災報告・見積書(調査書)」が発送されます。 約2週間ほどでお手元に届きます。

被災個所がなかった場合はその旨をご連絡いたします(被災がなかった場合の費用は無料です)

4: 「被災報告・被災報告写真・見積書(調査書)」がお手元に届くころに「損害保険情報局」よりフォローコールを差し上げます。後日、屋根の調査担当員よりご連絡が入る等の今後の対応・スケジュールについてのご連絡です

5: 調査会社の担当が「被災報告・見積書(調査書)」のご説明の連絡をいたします。

この際、調査員のアドバイスをよく聞いて頂き、ご理解なさってから 下記 ↓ ↓ ↓

6: 申請者(お客様)ご自身が契約されている損害保険会社へ電話連絡を行います。

※注※ 基本的に保険契約者ご本人でなければ、保険会社は受付してくれません。そのために担当調査員のお話をよくお聞きになって下さい。

また、担当調査員よりご連絡が入る前の保険会社へのお電話は控えて下さい。

対応策などをお聞きになってからの方がスムーズに運びます。

7: 損害保険会社から被災認定された場合

保険金額の決定通知・保険金の入金がされます。 ※保険会社によって時期は様々です

   損害保険会社から被災認定されなかった場合

保険適用外の旨の通知(口頭・書面) が来ます。 認定されなかった場合でも調査・申請サポートは無料です

8:被災認定後、修繕工事内容の再確認のご案内があります。「修繕工事請負契約書」を交わします。

9: お客様(申請者)に入金された保険金は5営業日以内に、代理店統轄会社の指定口座へご送金下さい。着金確認後、工事日の最終打ち合わせを致します。

10: 修繕工事

被災個所の修繕工事を行います。

工事完了後に下記の書類をお送りいたします。

1 屋根修繕工事報告書(施工前から完了まで)

2 完了写真(施工から完了まで)

これらの報告書は大切に保管して下さい。

万一また次回に被災された場合などに、火災保険で修理を行う時に証拠として役に立つからです。

被災修理は何度でも行えます。  

以上が申請から工事までの流れとなっております。       

ご不明な点がありましたら、「損害保険情報局」までご連絡下さい。

なお、私、佐々木は 保険屋さんです。

連絡して、保険の勧誘とかされたりしないかな…?とご心配な方、「0円屋根修理」は火災保険を活用した修理の申請代行のみを行う代理店業務ですのでご安心下さい。

個人情報のお取り扱いに関しましては、本業は保険屋さんですので厳重に厳重にお取り扱いさせて頂きますので、この点もご安心下さい。

どうぞ、お気軽にご連絡下さい。メールフォームからも受付ております☆

11月11日は介護の日、にちなんで

2010年11月11日 木曜日

こんばんは。

今日は「介護の日」だそうです。ちなみに「ポッキー」の日だとか、なんだか忘れましたが他にもあるそうです。ちなみに、私は○○の日マニアではありませんが5日のスーパーでの「りんごの日」との出会い以来、なんとなく何の日なのかな?と気になっているこの一週間です(笑)

さて、せっかくなのでこの日にちなんで「介護」ということについて、皆さんと一緒にいろいろ考えてみたいと思います。

公的介護保険制度をはじめ、「介護医療保険料控除」の創設、介護とは?などなど、全3回に分けて書きたいと思います。

<1> 「いい日、いい日、あったか介護ありがとう」のいい日、いい日にかけて選ばれ11月11日 は介護の日

http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/kaigo-day/index.html

さて、今日はこの日にちなんで私の事務所ある隣の市の市民会館では、介護に関するイベントが行われました。ゲストはなんと、あの三原順子さん(漢字、あってますか?間違っていたらごめんなさい!)相変わらずいつもお美しい方ですよね。時間があったら参加してみたかったのですが、スケジュールの都合が合いませんでした。残念・・・

お若い世代の方は普段の生活の中で「介護」について考えたり、ふれたりする機会は少ないかもしれません。実際、私も若いころはそうでした。自分の両親については、いつまでも元気なものと思っていました。また、思っていたいという願いもあったからでした。

ですが、父に関しては20でがんで亡くしました。余命宣告をその頃は本人にはしない時代でしたので、家族の代表として私がその宣告を受けました。(小冊子にも少し記載してありますが)

頭から全部の血が足におりましたよ、ドラマで表現されていたようなセリフが、まさにその通り自分に起こった時、頭の中は以外に冷静に「ドラマのセリフと一緒」と考えていたのを思い出します。

こうして、私の父は宣告どおり半年で亡くなったのですが、その間の入院生活の介護というものに直面しました。病人本人がいちばん辛いんです。そう思っていても介護している側は(24時間体制ではありません。入院していますから)洗濯・病院への支払い・食事の介護・毎日通う。仕事を持ちながら。

介護している家族は、これが当たり前です。今でこそ、がん告知は本人になされたり、患者の意思を尊重して終末医療などいろいろあります。ですが、当時は「本人には告知しない」ということがルール?のような時代でした。ですから、ばれないように接することで家族側の精神状態もきついことが多かったことを思い出します。

私の話ばかりが長くなってしまいました・・・このようにある日突然「介護」が始まることも珍しくありません。私の場合、父に関しては半年の院内介護というものでしたが、場合によっては自宅介護と至るケースも考えられます。

それは・・・

介護期間の長期化: 4~10年程度が最も多い。また、10年以上続くこともあるそうです。75歳以上の両親のどちらかが要介護状態となる確率は60%

兄弟姉妹の減少の現代、自分に両親は誰が「介護」するのでしょうか?子1人あたりの介護の負担は今後も増加していくことが予想されます。

「まさか自分が介護することになるとは・・・」

両親がお元気なうちに「どう介護されたいか」など介護について話し合っておくことをオススメします。ご両親がどう考えているか、その確認は必要だと思うのです。

なぜなら、さらなる少子化が進むいま、自分が介護される時。想像できるでしょうか。介護して欲しいでしょうか、されたくないでしょうか=ご自分でなんとかしたいと思っている、改めて考えてなんとかしようと思ったなど、自身と向き合ういい日・いいチャンスになればとも思うのです。

・介護に備える親子の会話の「はじめの一歩」 ~厚生労働省 平成19年国民生活基準調査より~

主な介護者は「同居の子」

平成19年の調査によると主な介護者は「同居の子または子の配偶者」が32%「同居の配偶者」が25%・次いで「介護事業者」「別居の親族」の順でそれぞれ10%強となっており、介護の中心は「同居の親族」が中心に担っているという実態です。

減少する三世代世帯

一方で、「老親と同居」する家庭は年々減少。65歳以上の高齢者がいる53%は「単独世帯」または「夫婦のみ世帯」が占めています。「三世代世帯」は約18%に過ぎません。

昭和61年当時と比べると世帯構造は大きく変化しています。下記を参照して下さい。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa09/1-2.html

親子の話し合いは大切。いつかは自分も。置き換えてみるのも大切。

介護に備えよう

「会話」って大切。相手の意思をはじめて確認できたり、自分のことも再確認できるとおもうから。

以下の調査は「生命保険文化センター」より

http://www.jili.or.jp/press/archive/NWtx/nwNO1/n1g8.html

「自分が介護をしてもらいたい場所」と「介護を行った場所」は大きく違っています。

例えば、自分が介護してもらいたい場所・・・「在宅」は39.2%・「施設」は50.2%であります。

これに対し、

介護を行った場所は「在宅」68.8%・ 「施設」31.1%です。

このように、会話が必要と感じるのは、介護をする場所は「介護をスタートする」うえではじめに考えること。介護を受ける側と行う側では考え方も違うという温度差を感じるからです。

それぞれの考え方や希望など意思疎通は大切です。あらかじめ話合っておくことで、介護する場所・兄弟姉妹の役割分担・資金の準備方法などを決めておくことで、気持ちよく無理なく介護をスタートできると良いと考えます。

次回は

生命保険料控除が変わる?!「介護医療保険料控除の創設」について

をお伝えします。

無料小冊子「保険見直しマニュアル」プレゼントご応募の皆さまへ。。。

2010年11月10日 水曜日

佐々木です。

こんばんは。

だんだんと寒くなってきておりますが、皆さまはいかがお過ごしですか?

体調管理をばっちりにご自愛なさりつつ、温かいものが恋しい、美味しい季節です。

堪能して毎日幸せになりましょうね~

さて、プレゼントに申し込みなさって下さった皆さま、

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

ありがとうございます。

皆さまのお役に立てるかもと思うと嬉しい限りです。

まだまだ、プレゼントは続きますので、お早目のご応募・ご予約をなさって下さいね。

クリスマスケーキの告知みたいになってしまった(笑)

では、他のカテゴリーでもお楽しみください。

なお、私、佐々木はくだけたこと、保険と全然関係ないじゃん?も多々書き込んでいくことが大好きなので、そういう内容のものを見つけて、ぜひツッコミたいというコメントも楽しみにしています。

お待ちしてま~す!!

11月5日はリンゴの日?ですって☆

2010年11月5日 金曜日

こんばんわ。

ふと今日の帰り道に立ち寄ったスーパーでの出来事です。そのお店に入ってすぐの青果・果物売り場でふと目に入ったりんご。その上のPOP。

11月5日はりんごの日!とありました。

へぇ~と初めて知りました。が、語呂合わせなのか、なんか意味があるのか説明がなかったけれども妙に納得してしまう単純な私。。。ま、一日一個のりんごは医者いらずとも昔から言われてきていますから、健康のために買いました。久々に。

ついつい、忙しい毎日を過ごすと規則正しくは生活できていないことに反省。でも、忙しいことに神様に感謝。。。

今日は、保険のお話はしません。

あえて、告知するならば、

来週から「特設」を組みたいと企画中です。カテゴリー「シングルマザー・ファザーのための保険の選び方」考え方についてです。合計で10回くらいでコラムを組んで行きたいと思いますので、お楽しみを☆

また、11月11日は「介護の日」だそうです。

11日は介護にちなんだ特集も組んでいきたいと思っております。

少子化が騒がれる中、日本は今後どうなるのか、また、ひとごとではないのです。

老若男女みなさんが。

今や、公的介護保険のみならず、自身で用意しなくてはならないと危機感を感じる方々が、民間の保険会社での介護年金の契約が増えています。

お若い方に、年金を支払っていただき、その国庫でお年寄りはまかなっていただいている。というような図式で、年金制度は行われてきましたが、現在どうでしょう?

もう、すでに崩壊状態なのではないのかとは分かっていても、なかなかデリケートなお話です。

平成13年度から段階的に70~74歳の医療費窓口負担が2割に上がります。もう来年です。。。現役世代の負担を減らすためだそうです。

あ、介護保険からずれてしまったみたいです。ちょっとあつくなっちゃったみたいです。エヘへ(~_~;)

それでは、今日はこの辺で。

写真のアップなどコワザが使えるようになりましたらどんどん楽しいサイトにしていきたいと思っていますのでよろしくお願い致しま~す!!

こうすれば保険の見直しはもっとカンタン・もっと得する「プロが教える生命保険を見直す技術」小冊子無料プレゼント中!

2010年11月4日 木曜日

こんにちは。佐々木です。

だんだんと寒くなってきましたね。温かいものが美味しい季節ですね。

ですが、風邪などひかぬよう皆さまご自愛下さいね。

さて、保険のいろはクリニック 保険見直し情報局ではこの度「保険見直しマニュアル」を作り、無料配布中です。

完全非売品(A4版78ページ)で、一般の書籍などからは入手困難な貴重な情報が満載です。

営業マンが決して教えてくれない「生命保険のカラクリ」や「見直しテクニック」を一挙大公開します。

保険料を節約したい、ムダな保障を見直したい、解約して損したくない。でも、いったいどうすれば?

そんな悩みを「保険見直しマニュアル」が全部まとめて解決してみせます。

なぜ無料で配布するのか>>

100年に一度の不況と騒がれる今、本当に多くの人々が「私の保険ってこのままでいいのかしら?」と感じながらもなかなか次の一歩が踏み出せずにいます。でも、それはなぜなのか?

解約すれば損しそう。

保険会社に電話すればたらい回し。

知り合いの手前、保険の見直しを切り出せない。

資料を取り寄せれば、分からないことが増えただけ。

相談すればしつこく追いかけ回される。

そもそも、保険の内容自体が分からなくて、何をどうしたらいいのか分からない。

その結果、「いったいどうすれば・・・」と途方に暮れる人がとても多いのです。

そこで、私はそんな方のためにマニュアルを書き上げました。

お読みいただいても、私どもから電話や訪問でセールスすることは一切ありません。ご安心下さいね。お約束します。

この記事をご覧になったあなたはチャンスです。この機会にあなたのお悩みを解決していまいませんか?

お申込みは>>

フリーダイヤル:0120-177-168(9時~20時)20時以降は自動音声にて受付ております。

フリーFAX:0120-758-788(24時間受付)

E-メール: info@iroha-ss.com

※サイト内に記載のフリーダイヤル・フリーFAX・E-メールからも承っております。

ご請求後5日以内にお届けいたします。お気軽にまずはお申込み下さいね。このマニュアルが、あなたのお役にたてます事を願っております。

佐々木